【競馬】STALLIONS IN JAPAN 2017。

こんちわすいさんです。シルクドラフト期間中ですが会員の皆様のその後の進捗状況はいかがでしょうか?おいさんはアーデルハイトが初回の集計から名前が上がり、終わってますねぇ…;

てなわけで、発表までの間はやることない、或いはまだキャロットCなどが控えててドラフトは続くぜって方にもいかがでしょう?なDVDのご紹介です。

こちら、最近本家の会報と共にチラシが入ってるのでご存知の方もおありかと思いますが、㈳日本競走馬協会が2007年から公共事業の一つとして行っている事業の一つだそうで、公式サイトによると、

この事業は、種牡馬の「ウォーキング・ビデオ」を撮影し、映像という新たな種牡馬情報を生産者等に提供すると共に、優良種牡馬の映像データの蓄積を目的としています。
種牡馬のビジュアル情報を、同規格でデータベース化し、今までにない情報を多く後世に残すことは、競馬業界のみならず、日本の競馬文化に対して、いささかでも貢献できるのではないかと考えております。

とのことで、今年初めて存在を知ったのですが…去年もあったみたいですね。検索したら2016年のweb版のページがヒットしました。

じゃあ、webで見ればいいじゃないかと言われそうですが、こちら、今年は事業開始10周年目という事で、「日本の種牡馬名鑑」として過去の名種牡馬たちの動画も入ってるんですよ!

Theft(セフト)
クモハタ
Rising Flame(ライジングフレーム)
Hindostan(ヒンドスタン)
Solonaway(ソロナウェー)
Guersant(ガーサント)
Never Beat(ネヴァービート)
Partholon(パーソロン)
China Rock(チャイナロック)
Tesco Boy(テスコボーイ)
アローエクスプレス
Northern Taste(ノーザンテースト)
Mill George(ミルジョージ)
リアルシャダイ
Tony Bin(トニービン)
Sunday Silence(サンデーサイレンス)
アグネスタキオン
マンハッタンカフェ
キングカメハメハ
ディープインパクト
シンザン
トウショウボーイ
マルゼンスキー
サクラユタカオー

チャイナロックやアローエクスプレスといったあたりまではさすが古い馬なので立ち写真に解説ですがテスコボーイとかパーソロンあたりから動画になります。直仔の現役種牡馬や繁殖が残ってる馬の方が少ないですが、自分の生まれる前から活躍してた種牡馬や競馬見始めの頃に活躍してた種牡馬、そうでなくても活躍当時はなかなか見ることが出来なかった馬たちを動画で見られるのはとても興味深いです。(なお、余談としてキンカメが現役種牡馬と名鑑の方とで2つ解説違いの同じ動画があります。)

他にメインとして現在主だった種馬場で繋養されている現役種牡馬101頭(…多分。カウント自信なし)。「功労馬」として選択基準がよく分からない引退済みや死亡、輸出済みの馬11頭、「日本の種牡馬名鑑」に24頭入っています。

そしてこのDVD、ブルーレイもついてて、実は2枚組!あと、ディスクの盤面にシリアルナンバーみたいのが入ってるので、一応限定なんじゃないでしょうか?

現役種牡馬112頭+おまけ項の24頭が収録されて、なんとお値段税込1080円!

おいさんは春くらいにこちらの存在を知って「欲しいな」と思ったんですけど、通販の送料がもったいなかったのでシュクレビジューのレースをモニター観戦しに行った中山競馬場のターフィーショップで買いました(;^ω^ )ここんとこ競馬場行ってもターフィーショップは寄っていないので確かなことは言えませんが、在庫はまだあるんじゃないかと思います。

なにせお安いので、一口馬主の出資馬選定の際の資料以外にも競馬好きには持って損はない1枚だと思いますよ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク