桜花賞。

ご無沙汰しております。翠さんです。

早いもので、年が明けている間にか寒さも過ぎ去って桜が満開になっていますね。

桜の季節と言えば、明日は3歳クラシックの口火を切る第一弾、桜花賞の開催日です!

スポンサーリンク

今年は我が家から出走馬が… !!!

キャロットクラブで出資している母ココシュニックの芦毛牝馬フィニフティがデビュー2戦目として走った2月のクイーンカップ(G3)で2着、その結果を受けて藤原調教師が桜花賞直行の方針を取ったものが思惑通りかなったものです。直前までは出走出来るかどうかのボーダーライン上に本馬を含む3頭が獲得賞金同額で並んでおり、3分の2の抽選になる予定でした。それが抽選前日の水曜日に鼻出血で回避馬が1頭出ることになり、無抽選で3頭とも出走できることに。

いやー、2014年の今頃に一口馬主を始めて4年、重賞に出走、さらにはクラシックに出られるとは感激です。本当に素晴らしい仔にご縁がもてたと思います。

なお、明日の宝塚市の天気は晴れのち曇りと悪くはなさそうですが、今日雨が降っていたようなので馬場にどの程度の影響が残るのか気になるところです。

そして今年は無敗の2歳女王がいますが、厩舎成績は絶好調、鞍上の福永騎手が先に優先出走権を持っていた同厩同父の僚馬もあった中、抽選にかかる身分だった本馬を待ってくれたような感じなのできっと良いものを持っているのでしょう。最善を祈りながら、レースに臨みたいと思います。

フィニフティ 牝3 芦毛 ディープインパクト×ココシュニック(クロフネ)

2018年2月8日ブログ

頑張れフィニフティ!

◆出資愛馬の情報についてはクラブに許可を頂いて掲載しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする