【ドラフト2018】シルクホースクラブ 一次募集結果。

本日、シルクホースクラブから正式に申し込みの結果が書面で送られてきました。

今年は新システムが導入されて昨年とはまた違った戦(いくさ)となりました。

我が家の申し込みの結果は…

まぁそんな中、我が家では

アーデルハイトの17(芦毛・牝:クロフネ × アーデルハイト-母父アグネスタキオン)

ユキチャンの17(白毛・牝:ノヴェリスト × ユキチャン-母父クロフネ)

に申し込んでいました。

そして…

ハイ、両方頂けました…(*´ω`*)ノシ

芦毛と白毛のパラダイスですよ!二頭ともダートの可能性もありますけど…

今年に関しては、抽優馬制度による完全勝利となりました。

アーデルハイトは比べて明らかな欠陥はないものの、目を引くほどのインパクトもない出来だったせいか、一つ上や二つ上の半姉たちと比べてそこそこの注目度に収まったこと、その結果、抽優馬としても200口の抽選枠内に収まってくれたおかげで、ラダームブランシェ(アーデルハイト12-長姉)と同じ芦毛の、そしてマイエンフェルト(父 ハービンジャー)以来2頭目の半妹ちゃんを我が家へお迎えすることが出来ました。

アーデルハイト母さんの仔達は、総じて足元が弱く重賞にまではまだ手が届きませんが、この仔が同父をもつホエールキャプチャ、あるいはアエロリットのような活躍をしてくれないかなと期待しています。

ユキチャンの17はノヴェリストが推し種牡馬なことと、白毛を一度持ってみたいという理由からの申し込みでした。実際、抽優馬としての指名票より、一般票の方が多かったあたりに、アイドル候補としての申し込みが多かったのかな、という感じがします。

とはいえ、アイドル扱いのその先、ぬいぐるみが作られるようなスターホース☆になってくれたら…って期待もちゃんとしていますよ!

そして、まだ目ぼしい活躍馬の出ていない父の代表産駒になって欲しいと思います。

戦い済んで。

抽優馬枠と一般枠にしか望みを持たず、実績を積むつもりがないので実績で殴り合おう的な事は一切放棄して久しいのですが、ランカーの皆さんによる合戦の結果は恐ろしいことになっていました…一番人気馬の出資可能ボーダーラインの額ですが

アイムユアーズの17  10,618,000(単位:円)

とのことでした…ちなみに、うちの仔になった2頭は

ユキチャンの17   718,000(単位:円)

アーデルハイトの17 974,000(単位:円)

…となっていました。

今年で4年目ですが、あと何年続けられるんでしょうね…少々不安になります。

シルクHCさんありがとう。

申し込まれました皆様の結果はいかがでしたでしょうか?全落ちでボウズ状態の方も何人かお見受けしましたが、もし1頭も買えなくてもどうか諦めず挑み続けてください。シルクは残った仔の中から活躍馬が出たりという事がままあるクラブです(去年まではそういう傾向がありました)

しかし、その残った馬っていうのも今日の通常募集開始後から満口馬が続出の由、もう買える馬なんて…って状況ですよね、ハイ。今買えなくても追加募集もありますのでね、ねっ!

そういう訳で、参戦の皆様お疲れ様でございました。

シルクさんには、感謝の気持ちをお伝えしまして、シルクドラフトをこの世代のシルク馬の申し込みを一旦締めたいと思います。ありがとうございました。

俺たちの戦いはこれからだ!

…個人的には終わりではないんです…続いて本年度最大の戦いキャロットクラブの募集が迫ってきました。

縁故申し込みだけに割り切れない名繁殖の仔が目白押し!

続戦の方も多いと思います。来年の戦力ゲットの為、もうひと頑張りしましょうー!

◆出資愛馬の情報についてはクラブに許可を頂いて掲載しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク