秋も終わりです。

あっという間に今年もあとひと月ちょっとになってしまいました…!

…おかしいな記憶がないのだけど…(;^ω^)

今日は、今年の2歳世代最初のデビュー戦があったのですけど、そのお話は次回にすることとしまして、今年の布陣が決まって久しいですのでまずはそこから。

スポンサーリンク

2017年産駒を発表します。

【シルクHC】

アーデルハイトの17 牝 芦毛 クロフネ × アーデルハイト(アグネスタキオン)

ラダームブランシェ(父:チチカステナンゴ/芦毛)、マイエンフェルト(父:ハービンジャー/鹿毛)に続く、3頭目の末の妹(当歳は弟)17ちゃん!本当にかわいい!!!!

もう、いつからだったかもう覚えてないけど(毛色が芦毛と分かって喜んだ覚えはある)、とにかく募集を首を長くして待ち望み、募集リストに乗った時点で申し込みは決定、一口馬主を始めてこのかた1頭あたり1口でやってた出資口数を初めて2口行ってしまった仔です。

全姉のロッテンマイヤー嬢(5歳)はこの秋めでたく3勝目を挙げたところ。この姉妹、割と早熟イメージでしたが、足のケガは心配ながらも(現在490kg)息長く走ってくれるかもという期待も湧いてきました。

なお、首に窪みみたいな部分があるのですが、きっと他馬とやりあったものじゃないかなーって思っていたんですが、実際「性格的にはやや気が強いところが見受けられる」そうで頼もしいです。まずはアーデルハイト代表産駒を目指してもらいたいです。

ユキチャンの17 牝 白毛 ノヴェリスト × ユキチャン(クロフネ)

祖母シラユキヒメがデビューした時、「優駿」だったかでその姿を初めて見て驚きました。真っ黒なサンデーサイレンスからこんな真っ白な馬が出るのかと。あれから20年ほどになりますか…時を経て我が家にまさかのブチ柄の出資馬が爆誕しております!

正面から見るとかわいいんですよね。彼女。大きさは普通サイズ(457kg)。以外にも性格は素直でおとなしいんですって。これは叔母にあたるブチコの後を継いでアイドルの素質アリ!

叔母さんはゲートくぐったり、流血したりとお転婆でしたが、こちらは清純派かな?

このルックスの源はおそらく父ノヴェリスト。産駒からは未だこれと言って活躍馬が出ておらず、なかなか厳しい状況ですがそれってこの仔にも活躍次第で代表産駒になれるチャンスがあるってことですよね!アイドル業との両立は大変でしょうが頑張って上を目指してほしいところ。

実際、お尻も大きいし胸前も大きく見えるので、ダートかもしれませんが悪くないように思えるんです。この先の成長に期待がかかります。

【キャロットC】

シーザリオの2017 牝 栗毛 キングカメハメハ × シーザリオ(スペシャルウィーク)

とうとう、ウチにも名牝シーザリオの仔をお迎えすることが出来ました!

もう何て言うか「黄金のお姫様」です。シーザリオの娘は現役中に死んでしまったヴァイオラ(全姉)を除くと、初仔、二番仔がシルクの募集で2年連続で人気になったロザリンド(エピファネイアの全妹)、シーリア(全姉)に続く3頭目、シーザリオの仔で栗毛は初めてということもあり貴重な存在。遅生まれという事で少々小さいのですけどこの仔もきっと良いお母さんになってくれるはず!

まだ更新が2回しか来ていないので17ちゃん自身の個性はよくわからないのですけど、きっと立派に成長してくれるはず…!心配は厩舎が兄姉達と違う事。預託先のスタイルと合うといいのですけど…まずは目指せ新馬勝ち!

例によって牝馬のみ。

そうなんですよね…例によって牝馬のみになってしまって…

牝馬は牡馬に比べると安い分、どうしても買いやすいのはあるのですけど、どうもここのことろ欲しい仔がみんな牝に偏っていて…

でも考え方を変えたら、女の仔の方が繁殖になるためのハードルが低いので引退後に「消息不明」になる率がより低いとか、場合によってはまたその子供たちに出会える、って可能性もありますしね。

でも来年は個人的要チェック繁殖の当歳に牡馬が生まれてるようなので、久しぶりに牡馬もゲットしたいところです!

◆出資愛馬の情報についてはクラブに許可を頂いて掲載しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする